教員紹介(須賀 則之)

須賀 則之

専門分野

分子生物学、細胞生物学、生化学、遺伝学

経歴

東北大学   博士(農学)
東北大学大学院 農学研究科 特別研究員、1995 – 1997

カルフォルニア大学ロサンゼルス校 医学部 生物化学科 研究員、1997 – 2002
生物分子工学研究所 研究員、2002 – 2005
国立研究開発法人 理化学研究所 研究員、2005 – 2010
本学 理工学部、2010 – 現在

主な研究テーマ

生命を司る遺伝子の細胞核への収納機構

研究の概要

生物の細胞の核には、生命を司る遺伝子がヌクレオソームとして収納されています。この遺伝子を日々使いながら、生物は生きています。何事にも整理整頓は大事で、この遺伝子の収納がきちんとされないとうまく遺伝子を使えず、病気などになってしまいます。須賀研究室では、この遺伝子の細胞核への収納機構について研究を進めています。

主な原著論文

1.  Wakamori, M., Fujii, Y., Suka, N., Shirouzu, M., Sakamoto, K., Umehara, T. & Yokoyama, S.  Intra- and inter-nucleosomal interactions of the histone H4 tail revealed with a human nucleosome core particle with genetically-incorporated H4 tetra-acetylation.  Sci. Rep.  5, 17204  (2015).  

2.  Higo, T., Suka, N., Ehara, H., Wakamori, M., Sato, S., Maeda, H., Sekine. S., Umehara, T. & Yokoyama, S.  Development of a hexahistidine-3× FLAG-tandem affinity purification method for endogenous protein complexes in Pichia pastoris.  J. Struct. Funct. Genomics.  4, 191-199  (2014).

3.  Suka, N., Nakashima, E., Shinmyozu, K., Hidaka, M. & Jingami, H.  The WD40-repeat protein Pwp1p associates in vivo with 25S ribosomal chromatin in a histone H4 tail-dependent manner.  Nucleic Acids Res.  34, 3555-3567  (2006).