教員紹介(田代 充)

田代 充

専門分野

構造生物学、生物分析化学

経歴

東京大学   博士(農学)
本学 理工学部、2005 – 現在

主な研究テーマ

原子レベルでのタンパク質と薬剤の相互作用解析

研究の概要

多くの生体反応に関与している酵素は、タンパク質です。田代研究室では、種々のタンパク質と薬剤などの低分子化合物との分子間の相互作用について、原子レベルで解析しています。試料を磁場の中に入れて、水素や炭素などの原子核の動きを観測し、結合の詳細を解析します。

主な原著論文

1.  Furihata, K. & Tashiro, M.  Sensitive Water-ligand Observed via Gradient Spectroscopy with 19F Detection for Analysis of Fluorinated Compounds Bound to Proteins.  Magnetochemistry  5, 5020029  (2019).

2.  Furihata, K. & Tashiro, M.  DPFGSE-MDEC-J-resolved-COSY: An efficient method for selectively measuring proton-proton spin coupling constants of the multiplet signals.  Magn. Reson. Chem.  56, 1183-1187  (2018).

3.  Furihata, K., Usui, M. & Tashiro, M.  Application of NMR screening methods with 19F detection to fluorinated compounds bound to proteins.  Magnetochemistry  4, 3  (2018).