教員紹介(清水 光弘)

清水 光弘

専門分野

分子生物学、生化学

経歴

東京薬科大学   薬学博士
アラバマ大学(米国) 医歯学部 博士研究員、1987 – 1989

米国国立保健研究所(NIH、NIDDK) 博士研究員、1989 – 1990
東京薬科大学 薬学部 助手、1990 – 1998
本学 理工学部、1998 – 現在

主な研究テーマ

ゲノムの基盤構造体ヌクレオソームの構造と機能

研究の概要

細胞の中で遺伝情報を担うゲノムDNAは、ヒストンと結合してヌクレオソームと呼ばれる構造を形成しています。清水研究室は、細胞特異的遺伝子の発現や疾患の分子機構の解明をめざし、ヒトと同じ細胞構造をもつ出芽酵母をモデル生物として、遺伝子発現制御におけるヌクレオソーム構造と機能を研究しています。

主な原著論文

1.  Fuse, T., Katsumata, K., Morohoshi, K., Mukai, Y., Ichikawa, Y., Kurumizaka, H., Yanagida, A., Urano, T., Kato, H. & Shimizu, M.  Parallel mapping with site-directed hydroxyl radicals and micrococcal nuclease reveals structural features of positioned nucleosomes in vivo.  PLoS One  12, e0186974  (2017).

2.   Ichikawa, Y., Morohashi, N., Tomita, N., Mitchell, A. P., Kurumizaka, H. & Shimizu, M.  Sequence-directed nucleosome-depletion is sufficient to activate transcription from a yeast core promoter in vivo.  Biochem. Biophys. Res. Comm.  476, 57-62  (2016).

3.  Ichikawa, Y., Morohashi, N., Nishimura, Y., Kurumizaka, H. & Shimizu, M.  Telomeric repeats act as nucleosome-disfavouring sequences in vivo.  Nucleic Acids Res.  42, 1541-1552  (2014).