教員紹介(冨宿 賢一)

冨宿 賢一

専門分野

有機合成化学、応用微生物学

経歴

慶應義塾大学   博士(理学)
国立研究開発法人 理化学研究所 研究員、2004 – 2007

慶應義塾大学 理工学部 訪問研究員、2005 – 2007
富山県立大学 工学部生物工学科 助教、2007 – 2014
富山県立大学 ERATO浅野酵素活性分子プロジェクト 研究員、2014 – 2015
本学 理工学部、2015 – 現在

主な研究テーマ

有用物質合成のための新規酵素の探索と利用

研究の概要

酵素は、生体内の代謝反応において触媒として働くタンパク質です。30℃くらいの温度や水中など穏やかな条件で機能するため、環境にやさしく省エネルギーな物質変換法として期待できます 。冨宿研究室では、新しい酵素の触媒能力を自然界から見つけ出し、酵素の性質や機能、構造を明らかにするとともに、有用物質の斬新な物質合成プロセスへと展開する研究に取り組んでいます。

主な原著論文

1.  Matsui, D., Fuhshuku, K., Nagamori, S., Takata, M. & Asano, Y.  Isolation and characterization of racemase from Ensifer sp. 23-3 that acts on α-aminolactams and α-amino acid amides.  J. Ind. Microbiol. Biotechnol.  44, 1503-1510  (2017).

2.  Fuhshuku, K., Watanabe, S., Nishii, T., Ishii, A. & Asano, Y.  A novel S-enantioselective amidase acting on 3,3,3-trifluoro-2-hydroxy-2-methylpropanamide from Arthrobacter sp. S-2.  Biosci. Biotechnol. Biochem.  79, 1587-1596  (2015).

3.  Shimizu, K., Tomita, M., Fuhshuku, K., Sugai, T. & Shoji, M.  Formal synthesis of (+)-madindoline A, a potent IL-6 inhibitor, utilizing enzymatic discrimination of quaternary carbon.  Nat. Prod. Commun.  8, 897-901  (2013).