教員紹介(松本 一嗣)

松本 一嗣

専門分野

有機合成化学、生体触媒化学

経歴

慶應義塾大学   理学博士
国立研究開発法人 理化学研究所 基礎科学特別研究員、1991 – 1993
福井大学 助手、1993 – 2000
トロント大学(カナダ) 化学科 文部省在外研究員、1998 – 1999
本学 理工学部、2000 – 現在

主な研究テーマ

環境にやさしい有機合成反応の開発研究

研究の概要

右手と左手のように、重ね合わせることのできない鏡像関係にある異性体を「鏡像異性体」と言います。こうした化合物には医薬品など社会に役立つものが多くあります。松本研究室では、環境にやさしい、生体触媒や有機分子触媒を応用して鏡像異性体の効率的な合成法の開発を行っています。

主な原著論文

1.  Matsumoto, K., Oohana, K., Hashimoto, M., Usuda, K., Shimoda, T., Ohshima, H., Suzuki, Y. & Togawa, T.  Enzyme-mediated enantioselective hydrolysis of 1,2-diol monotosylate derivatives bearing an unsaturated substituent.  Tetrahedron  74, 3981-3988  (2018).

2.  Matsumoto, K. & Asakura, S.  Albumin-mediated asymmetric nitroaldol reaction of aromatic aldehydes with nitromethane in water.  Tetrahedron Lett.  55, 6919-6921  (2015).

3.  Fujiwara, M., Shiokawa K., Yotsuya K. & Matsumoto, K.  Immobilization of lipase from Burkholderia cepacia into calcium carbonate microcapsule and its use for enzymatic reactions in organic and aqueous media.  J. Mol. Catal. B Enzym.  109, 94-100  (2014).