教員紹介(西條 純一)

西條 純一

専門分野

無機化学

経歴

東京工業大学   博士(理学)
東京工業大学 日本学術振興会特別研究員、2003 – 2004

分子化学研究所 助教、2004 – 2012
本学 理工学部、2012 – 現在

主な研究テーマ

分子を使った磁性体やナノ物質の開発

研究の概要

身の回りの磁石は金属やその酸化物でできている無機磁性体と呼ばれる物質ですが、それらとは異なり磁性をもつ有機分子や錯体からできている『分子性磁性体』と呼ばれる物質が存在します。分子性磁性体は様々な置換基を組み込むことで、磁場で伝導性が変わる物質やガス吸着で磁性が変わる物質など、無機磁性体では実現しにくい面白い磁性体をつくることができます。しかしその一方で、相互作用が弱く低温でしか機能を発揮できないという大きな弱点も。西條研究室ではさまざまな新分子を合成し、分子性磁性体でありながらも相互作用が強い新物質の開発を行っています。

主な原著論文

1.  Nishijo, J., Akashi, T., Enomoto, M. & Akita, M.  Facile Preparation of Organometallic Nanorods from Various Ethynyl‐Substituted Molecules.  ChemistryOPEN  8, 873-878  (2019).

2.  Nishijo, J., Iwama, K. & Enomoto, M.  Unexpected Strong Antiferromagnetic Interaction in [CuCyclam][Ni(1,2-benzenedithiolate)2]2.  Eur. J. Inorg. Chem.  2015, 348-354  (2015).

3.  Nishijo, J. & Enomoto, M.  A Series of Weak Ferromagnets Based on a Chromium–Acetylide–TTF Type Complex: Correlation of the Structures and Magnetic Properties and Origin of the Weak Ferromagnetism.  Inorg. Chem.  52, 13263-13268  (2013).